きんぱね関西株式会社|きんぱね関東株式会社

昭和51年の創業以来、特に貯水槽の再生・補修工事、メンテナンス業務において多くの実績を積み重ねているきんぱねのブログ

‘FRPとは?’ カテゴリーのアーカイブ

FRP製品の社会的問題

2008 年 2 月 20 日 水曜日

当初メーカーは、FRP製品の耐久性を半永久的であるとして世の中に送り出してきましたが、実際には太陽光線中の紫外線や熱・風雨などの様々な要因で確実に劣化しています。そして使用に耐えられなくなったFRP製品は新しいものに取り替えられているのが現状です。


屋外設置されたFRPパネルタンク


更新によって廃棄されるFRPパネルタンク

社団法人 強化プラスチック協会のデータによると、FRP製品の用途別出荷量が2005年が364,000トン、2006年が359,000トンとなっています。この出荷トン数はここ数年大きな変動はありません。
でもこの出荷量の大半がFRP製品の更新によるものと考えられ、廃棄されるFRP製品の量は出荷量とほぼ同量と思われます。
つまり毎年36万トンもの処理が非常に困難なFRPの産業廃棄物が出ているわけです。

FRPは再資源化が難しく、メーカーも再資源化に取り組んでいるもののセメントの骨材や再製品化されるのは数パーセントにとどまり、大部分が単純焼却や埋め立て処分されているのが現状です。

予測では2010年には45万トンもの処理が非常に困難なFRP製品の産業廃棄物化が進むと予想されています。

こうした社会問題を阻止することが現在の社会から求められている私達への命題だと理解しています

FRPってなに?

2008 年 2 月 20 日 水曜日

FRPとは何かの説明します。

FRPは昭和30年代に使用されるようになりました。

公園のベンチや

船舶  ヨット

軽量化が求められるスポーツカー等に多く使用されるようになりました。

FRPは簡単に成型できて、しかも腐食に強いと言う特性によって、鉄製品の短所をカバーできるものとして、瞬く間に市場に広がったわけです。

改めてFRPとはどういうものかと言うと、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませて何重にも積層し硬化させた強化プラスチックのことです。
ガラス繊維とポリエステル樹脂には様々な種類があって、FRP製品の使用用途に応じて耐熱性、耐薬品性、美しい光沢等様々な特徴を加えることができます。
身近なところではお風呂の浴槽(バスタブ)なんかはFRPが多いですよね


  • home
  • 貯水槽事業
  • 管更生事業
  • 貯水槽劣化診断
  • PTSサプライマー工法
  • 波動抑制装置設置工事
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • フッター用きんぱね関西株式会社ロゴ
    〒531-0074
    大阪市北区本庄東2丁目13番地11号
    TEL:06-6359-6572/FAX:06-6359-6587
     E-mail:pts@kinpane.co.jp
  • フッター用きんぱね関東株式会社ロゴ
    〒134-0091
    東京都江戸川区船堀5丁目4番26号
    TEL:03-5658-3858/FAX:03-5658-8258
     E-mail:kantou@kinpane.co.jp

Copyright ©  2016- kinpane Co., Ltd All rights reserved.