きんぱね関西株式会社|きんぱね関東株式会社

昭和51年の創業以来、特に貯水槽の再生・補修工事、メンテナンス業務において多くの実績を積み重ねているきんぱねのブログ

2008 年 8 月 のアーカイブ

FRP一体型タンクの取出口からの漏水

2008 年 8 月 29 日 金曜日

特殊な補修方法の事例をご覧下さい。

貯水タンクは岩谷製のFRP一体型タンクです。
お客様からタンクの配管から漏水していると連絡がありました。

確かにタンクの配管の付け根から漏水しているんですが、実は取出口(とりだしぐち)の根元から漏水しているんです。
取出口とはタンクから配水(給水)を取り出す重要な部分になります。

この取出口は、タンクと一体の様に見えますが、実はFRP製のフランジにボルトを埋め込んでタンクに樹脂のパテで取り付けた物なのです。

まず配管の保温材を丁寧に取り除きます。
ナイロン製ゲートバルブは数年前に取り替えたとの事で、配管の面間の余裕はないものの、何とかバルブの取替無しに作業を終える様に計画しました。

バルブからタンク側の配管を全て撤去して、タンク本体の取出口を撤去します。
樹脂パテで覆われているので普段はその全貌を見ることは出来ません。
撤去すればこの様な穴だけが残ります。

撤去された取出口です。この様にFRP製のフランジからボルトが出ています。
ボルトの頭はFRPのフランジの中に収まっているんです。

斜め横から見るとこんな感じです。このFRP製フランジの中にボルト頭が収まっていると言うのが曲者で、通常時に配管だけを替え様と思って、配管との締結ナット緩めようとすると、長年の経年劣化でナットが焼きついて力を入れて回すと、供回りをして外れないんです。
そうなってしまうと二進も三進も行かなくなり、配管更新は出来ない、漏水はするはで、大変なことになってしまいます。
このタイプの取出口を見かけたら、配管更新はこのままでは不可能と判断したほうが賢明です

さて、そんな不可能を可能にするのが「リユース工法」です。
まず配管の面間が狭いのでステンレスの溶接した配管に更新します。
次にFRP製のフランジノズルをタンク内部まで差し込みます。

この状態では、まだフランジノズルは穴に差し込まれただけで、穴との間に隙間もあります。

配管で支えた状態でFRP樹脂ライニングを施し、貯水タンクに固定します。
今度はFRP製のフランジノズルがタンクの内部まで貫通して内部も外部もFRP樹脂でライニングして固定するので、もう漏水の心配がありません。

しかも取出口から先は、露出したフランジボルトの締結なので、今後配管更新の予定があっても問題なく作業が出来ます。

タンク内部の状況です。これが施工前です。
内側には取出口様の穴が開いています。取出口は基本的に外で留まっている物で、タンクの強度が落ちてくると接続部分にひび割れが出来て漏水していた訳です。

こちらが施工後です。FRP製のフランジノズルがタンクの内部まで差し込まれ、外部同様FRP樹脂でライニングされて固定されているので、強度に優れ、漏水する心配もありません。

外部のFRP樹脂でライニングした部分は太陽光線で劣化しない様に専用のコーティング材で仕上げて行きます。

グラスウールで配管の保温を施します。

その後に配管保温カバーを復旧して完成です。

取出口の根元から漏水していると言う現象から、配管の更新をして、タンクは修理不可能として取り替える事にする場合が多いようです。

しかしながら昔のFRP一体型タンクは工場で職人が木型から丹精込めて作った丈夫なタンクが多いです。昭和時代のMADE IN JAPANです。取り替えるのは、もったいないです

取り替えることなく、補修・補強が可能です。諦めないでぜひご相談下さい

貯水タンクリユースのきんぱね株式会社

水質浄化プロジェクトでフグ大きくなりました

2008 年 8 月 21 日 木曜日

きんぱね株式会社の本社屋上の秘密基地。そうです「水質浄化プロジェクト」の一環である
「フグの陸上養殖」の様子をお伝えします。

フグもずいぶん大きくなりました。
かれこれ最後にお伝えしてから3ヶ月が経ちますもんで当たり前かもしれません(汗;;;
大きくなるにつれ、水槽容量は変わらないので、ますます水質の管理が難しくなってきます。

以前の写真でも分かりますように、水面に結構な泡が立つんです。
フグも大きくなって、酸素供給量を増やしてやらないといけないもんですから、エアーレーションも増やさないといけません。
すると泡立ちも中途半端じゃありません。

で、こんな装置が追加されてます。これで飛躍的に泡立ちを押さえるわけです。
どんな構造化って?はい相変わらず僕には分かりません。悪しからず

フグがどれくらい大きくなっているかと言いますと・・・。
ネッ!見た目にも分かるでしょう?貫禄も出てきました。
目つきも悪くなってきました・・・もとい、精悍になってきました。

平均体長 17.4cm 平均体重 115.0g

この子に至っては、体長19.0cm 体重 160.0gもあります。
ビックですね

測定は5尾の平均を取るので、データとしては若干のばらつきがあります。

大きくなるにつれて、水質の管理も難しくなります

でも確実に育っています


  • home
  • 貯水槽事業
  • 管更生事業
  • 貯水槽劣化診断
  • PTSサプライマー工法
  • 波動抑制装置設置工事
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • フッター用きんぱね関西株式会社ロゴ
    〒531-0074
    大阪市北区本庄東2丁目13番地11号
    TEL:06-6359-6572/FAX:06-6359-6587
     E-mail:pts@kinpane.co.jp
  • フッター用きんぱね関東株式会社ロゴ
    〒134-0091
    東京都江戸川区船堀5丁目4番26号
    TEL:03-5658-3858/FAX:03-5658-8258
     E-mail:kantou@kinpane.co.jp

Copyright ©  2016- kinpane Co., Ltd All rights reserved.