きんぱね関西株式会社|きんぱね関東株式会社

昭和51年の創業以来、特に貯水槽の再生・補修工事、メンテナンス業務において多くの実績を積み重ねているきんぱねのブログ

2009 年 4 月 のアーカイブ

貯水槽清掃作業従事者研修会 続補足編

2009 年 4 月 9 日 木曜日

ちょうど良い写真写真が手に入ったので、前回に引き続き貯水タンクの外タラップの危険性について、お話したいと思います。

この貯水タンクは屋上に設置された円筒形のFRP一体物タンクです。
取付ボルトって矢印で示している部分が外タラップ上部の取付ボルトです。

横から見るとこんな感じです。
ボルトの頭は目視出来ますし、塗装されていて、なんら問題ない様に見えます。
ボルトはFRPのタンクに直接穴を開けてナットで締結してある訳です。

これが貯水タンクの内部です。
天井部の気相部(水面より上の空気層)に位置しているので錆が進行して危険な状態です。

錆が発生する要因を今一度説明いたします。

錆が発生する要因としては、貯水タンクに水道水が入る時に遊離塩素が分離して、ガス化して気相部に滞留濃縮されます。
貯水タンクの気相部は絶えず結露して、濡れた状態になっています。それでボルトのナット側に付着した水滴に塩素ガスが溶解して次亜塩素になります。
これがさらに分解して塩素と活性な酸素になって飛躍的に錆びる事になります。

ボルトの外側は目視出来ますし、雨水がかかる程度では、そんなに錆びません。
しかしボルトの内側(ナット側)は上記の要因で想像以上に錆ています。

このボルトが抜けるだけで重大な事故が発生します。
貯水タンクの清掃時、点検時に必ず忘れずにチェックして下さいね。


  • home
  • 貯水槽事業
  • 管更生事業
  • 貯水槽劣化診断
  • PTSサプライマー工法
  • 波動抑制装置設置工事
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • フッター用きんぱね関西株式会社ロゴ
    〒531-0074
    大阪市北区本庄東2丁目13番地11号
    TEL:06-6359-6572/FAX:06-6359-6587
     E-mail:pts@kinpane.co.jp
  • フッター用きんぱね関東株式会社ロゴ
    〒134-0091
    東京都江戸川区船堀5丁目4番26号
    TEL:03-5658-3858/FAX:03-5658-8258
     E-mail:kantou@kinpane.co.jp

Copyright ©  2016- kinpane Co., Ltd All rights reserved.